物知りSFAコンサルタント転職ナビゲーター

順調にこのような状況下でも業績を伸ばしている企業の共通点は、いわゆる「勝つためのルールを知っている」ということです。大企業に中小企業でも圧勝し、No.1に市場でなるための原理原則があるのです。

 

我が国を代表するトヨタ、パナソニック、日本生命、武田薬品など大企業から、創業期のソフトバンク、H.I.S、フォーバルが取り入れ絶大な成果を上げた販売のバイブルがランチェスター戦略です。自社の利益最大化をランチェスター活用により、実現してください。

 

「正しく実践すれば、実は誰がやっても勝てる法則」であり原理原則は普遍の真理なのです。はっきり伸びる会社・伸びない会社、強者・弱者が分かれる時代なのです。

 

自社の営業戦略としてこの「誰がやっても勝てる法則」を実践し、確かなものに""勝ち""をすることが大切です。しかし、増収増益を世の中の景気に関わらず達成しなければ、事業の次なる繁栄もありえません。

 

会社の規模や過去の実績、商品力、知名度などは関係ありません。供給過多による市場間競争や、大が小を食う弱肉強食が市場が成熟・衰退していく今、あらゆる業界で巻き起こっています。

 

「ランチェスター戦略」とはその理論と実務の体系です。40年以上もの歴史がすでに経った今なお、必要と世の成功企業からされ続け、また、その必要性が弱肉強食の今だからこそ、増している戦略とも言えます。

 

生き残りをかけて需要が縮小する中、戦っていかねばならないのです。「戦い方を熟知した者だけが勝ち残る」これが、企業競争における成熟時代の真実なのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ